Profile


Japan's Midwest?

 

Or

 

Visual Artists?

 

No,

 

the Oriental Western Music Group known as

 

JADOH

 

The main concept is focused on Asian Instruments. 
 

 

From soothing sounds to electrifying movement

filed stage performances.

 

A must see and must hear experience; the oriental groove. 

 

 

 

東洋と西洋

 

メタルとヒーリング

 

ロックとポップとジャズのクロスオーバー

 

 

蛇の道は蛇

蛇の分身である二胡

蛇道ならではの邪道

 

”見る”

 

”聴く”

 

”感じる”

 

エンターテインメントステージ



それが蛇道-JADOH-

 

 

 


kimura
kimura

 

Niko(Erhu)/Vo.

木村ハルヨ  Haruyo Kimura

 

Born and raised in Kobe City, HyogoPrefecture.  
Haruyo, one of the very few professional Japanese Niko musicians, performs over 100 shows a year in the world.
Not only traditional folk but she also covers genres such as classic, jazz, pops, j-pop. nursery rhymes. Japanese enka, anime songs and rock.  Haruyo's dynamic way using the Niko breaks the stereotype of this instrument only being used for classic music.  Some say there is a new genre of Niko music called the Haruyo Kimura Genre.
Using her artistic sense to her full potential with wardrobe design and hair and makeup her presence on stage is widely known as the "DIVA who sings with the Niko"  Her stellar performances have opened many new doors such as a musical insert on movies. 

 

神戸生まれ。本場中国で学んだ確かな技術を礎に、そのアーティスティックな感性を活かした自由な活動は ”もはや木村ハルヨという新ジャンル” と評される。歌声以上に歌心を感じさせる表現力がその大きな魅力であり、”二胡界のDIVA 歌姫”とも呼ばれている。

二胡古典曲のリサイタルを成功させる一方で、ロックバンドや朗読ユニットの中心メンバーとしても活躍。

日舞との共演によりインドでの公演を成功させる等、その多彩な活躍は他の追随を許さない。

これまでに多くのCDをリリース、NHKラジオドラマや映画にも参加、出演。

年間150ステージを越える演奏活動を日本、世界各地で行い、今もっとも革新的な日本人プロ二胡奏者として多方面より大きな注目を集めている。

http://www.kimuraharuyo.com/


tsutsui
tsutsui

Pf./Acc./Shinobue

筒井進吾 Shingo Tsutsui

 

 

Born in Harima, Hyogo Prefecture
Started as a drummer in highschool and started keyboard at 19 yrs old.
 At the age of 20 entered the Koyo Conservatory of Music.
During his time at school not only did he perform in a band but also as a solo artist and was passionate of supporting other artists.
 Some of the artists he supported include; Hirayama Miki, Kozaku Maeda, Dynamite Shyakariki Circus, erico + etc.
Not only does he represent the keyboardist community he is also the Kobe AMP producer and creates and composes many event theme songs and other projects.  You will be sure to hear aboutWestern Japan's new and hopeful young artist in newspapers and radio shows.

 

兵庫県生まれ。元々はドラマーであったが、ジャズピアニスト竹下清志氏の演奏に魅せられピアノに転向。甲陽音楽院ジャズピアノ科に入学し竹下清志氏に師事。

卒業後、講師活動と並行しジャズやポップス、ロックなどさまざまなジャンルのバンドのサポート、また自身のグループでの演奏活動を行っている。

ホテルのラウンジやレストラン、ブライダル、各種イベント等での演奏も精力的行っており、歌の伴奏には定評がある。

CMソング等を中心に作曲や音楽制作も行っており、アレンジャー、コンポーザー、音楽プロデューサーとして数多くのアーティストの音源制作に携わる。

 近年、蛇道-JADOH-、ポロロッカリンドのアコーディオン奏者、篠笛奏者としても活躍中である。


ikura
ikura

Gt./Shamisen

居倉 健 Ken Ikura

 

Guitarist and Composer mainly working in Western Japan.  Discovered his sense of sound while learning to play the piano as a child and then went on to teach himself to play the guitar.  Started his career as a composer and guitar soloist when he was deeply influenced by the background music on games and movies.  Rock and Healing tunes are just a few of his vast field of expertise.  
His aggressive performance technique has been appraised by many which has lead to successful career performing in live houses, cafe's, concert halls and even the Noh Theater; a traditional Japanese theatrical form.
Was awarded a monitor contract with guitar maker TAKAMINE from 2008.
Currently is focused on composing music in his career and supporting artists with recording and arranging. 

 

日本生まれの作曲家兼ギタリスト。

ロックからヒーリング音楽まで得意とする曲調は幅広い。

2009年 オリジナル曲"Play Ground"がスポーツメーカー アシックスのウェブCMタイアップ曲として採用され、ギタリストとしてだけではなく作曲家としても大きな評価を受ける。

同年、ギターメーカーTAKAMINEとモニター契約を結ぶ。(〜現在)

2013年、『アコースティックギターマガジン 2013年4月号(リットーミュージック)』のザ・フィンガースタイリストのコーナーに見開き2ページに渡ってインタビュー記事が掲載され、オリジナル曲「CARAVAN」の楽譜とCDが付録となった。

2013年8月、4年振りのソロアルバム『ROOTS』を築音堂よりリリース。

http://studio-greenroom.jimdo.com/

 


Ba.

佐伯直紀 Naoki Saeki

 

Play Bass Like Singing

楽曲の土台を支えつつ、メロディセンスに溢れたベースプレイが最大の持ち味。

笹井克彦氏に師事。

ベーシストとしてライブ、レコーディング、ツアー等に参加し、プロ、アマ問わず全国の様々なアーティストと共演。


Dr.

西秀和 Hidekazu Nishi

 

大阪市出身

幼少の頃より、エレクトーンプレイヤーを目指していたが、18歳の頃にドラマーに転身。

ゲーム音楽のレコーディングはもとより、数々のセッション、サポートライブ等で活躍。

その正確無比なドラミングのみ成らず、アレンジャー、コンポーザーとしても高い評価を得ているドラマー。


Gt.

高松宏至 Hiroshi Takamatsu

 

西宮市出身。

13歳でエレキギターを始め、17歳から大手音楽事務所所属ミュージシャンのサポートミュージシャンを担当。ライブ、録音をはじめ、年間100本を超える演奏を行う。

現在、場所やジャンルを問わず関西各地で演奏活動を行う。